The report of Niigata City Marathon

 こんばんは。最近涼しくなってきましたね。食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋…などとよばれるこの季節、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。「秋」という季節は涼しくて何をするのにも適している一方で、寒暖の差が大きくなるせいで少しでも油断すると簡単に体調を崩してしまいます。暖かい格好で寝る、健康的な食事をとる、運動した後は着替える、といった基本的なことがしっかりできるといいですね。

 

 今日は火曜日ということで、外での練習を行いました。内容としては、

・体幹、体操

・ウエイトトレーニング(上半身)

・工学部棟8周(コンスタント)

・部門練                          という感じでした。

 

今日同じグループで走ったメンバーを見ていると、前期に比べてペースが安定、向上している人が増えてきたような印象を受けました。すごくいい傾向だと思います。ただ、心にとめておきたいのは、春のペース走と秋のペース走の質は違うということです。私が思うに、今の時期のペース走は「一周あたりのタイムを一定に保つこと」のみを意識するのは不十分です。これに加えて、自分の弱点に関する新たな目標を設定して取り組むことが必要なのではないでしょうか。例えば、「なるべく最短距離を考えながら走る」「登りが終わった後もだらけずに加速する」「中だるみしやすい周に気を付ける」などの目標を設定することによって、メニューの質は大幅に上がります。ペース走がうまくこなせるようになってきた、という方はこうしたことにも注意しながら練習するといいのではないでしょうか。(あくまでも個人の意見です)ぜひ考えてみてください。

 

さて、練習に関することはこれぐらいにして、今日はこの場をお借りして10月11日に行われた新潟シティマラソンの参加報告をさせていただきたいと思います。今回、スキー部からは計6名が出場しました。私は今回、人生初のハーフマラソンに挑戦しました。本当は前回同様10㎞に出場し雪辱を果たしたいと思っていたのですが、今年のインカレを見越して、不安を抱きながらハーフにエントリーしました。スタートを切るまでは不安でいっぱいでしたが、天候が曇りであったことや集団でまとまって走れたことが幸いして、思っていたよりもすんなりと完走できたように思います。(ただ、ラスト3㎞はものすごくつらかったですが。)大会のリザルトを見たところによると、ほかのみなさんもいい感じで走れたようで何よりです。(上から目線ですみません)あと、コース上で高橋尚子さんとハイタッチできたのもすごくいい思い出でした。来年も必ず出たいと思います。来年は、教採の準備等でなかなか練習時間を確保することが難しくなると思うのですが、うまく時間をやりくりして練習時間を確保していきたいと思います。今年エントリーできなかった方も、ぜひ来年エントリーしてみてください。お祭りのようで、楽しいですよ。

 

以上です。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。 

                                     池渕雄大

 

《Twitter》